/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

のりぴーのたのしいインド旅行記

ハイデラバードのことなら俺に任せてくれ!!!その他は世界一くだんない僕のインド旅行記です。

ハイデラバードのオススメ観光地チャールミナールが意外と良い


スポンサーリンク

みなさんナマステ!のりぴーです。

 

今回は、ハイデラバードの超シンボル的人気の建造物Charminarを紹介します。

 

で、題名見てわかると思うんですがCharminarをチャールミナールって発音します。

 

インド人の英語は、INGLISHって言われるぐらい訛りが強いです。

簡単にいうと、Rが全てになります。

 

ま、そんなことは置いておいて、ハイデラバードの凱旋門チャールミナールが思ったよりイケてたんで紹介します。

 

チャールミナールまではバスで行くことにしました。

 

そんで、バス乗り場ここです。

f:id:anita-norip:20171125002456j:plain

わかりづらいかもしれませんが

めちゃくちゃカオスな両側7車線くらいに間にコンクリのちょっと高いところがバス停ってなってました。

 

ただ、日本と違ってバス停(らしきとこ)にバスなんか来てくれる訳もなく道路の真ん中らへんをバスが走ってます。

バスが来たと思ったら道路全体の動きが遅いうちにバイクの間抜けて行って

バスの運ちゃんに

これチャールミナール行くか?!!

って聞いて動いてるバスに乗るスタイルです。

 

マジで轢き殺されても文句言えないような環境です。

f:id:anita-norip:20171125002124j:plain

で、インドのバス。30分乗って10ルピーでした。

ちなみに、ホテルから3キロくらい。

信号を誰もが無視するから時速20キロくらいで走ってます。

 

そして、インド人にどこで降りたらいいか聞いたら完全に混乱したのでグーグルマップ使って適当なとこで降りました。

そして、5分くらい歩くと

f:id:anita-norip:20171125003252j:plain

すごくないですか???

なんか急にインド観光のキラキラしたブログっぽくなって来ました!!

 

f:id:anita-norip:20171125003651j:plain

ほら!!

 

そして

f:id:anita-norip:20171125003833j:plain

オチになる画像がなかったので不安感MAXの足場の写真

 

で、このチャールミナールには登ることができます。

f:id:anita-norip:20171125004009j:plain

腕折れてるじいちゃんに目がいってしまいますがここで券を買います。

料金はインド人25ルピー、外人200ルピー。

うまい商売してます。

 

で、中に入るって、下から見るとこんな感じ

f:id:anita-norip:20171125004216j:plain

インドのこの石で何か作った系の建物本当に立派。

 

で、入り口

f:id:anita-norip:20171125004353j:plain

恐怖。真っ暗闇です。

とりあえず腕折れたおっさんが心配すぎる。

 

で、登って見ると

f:id:anita-norip:20171125004536j:plain

インドの街が一望できます。

向こうに見える凱旋門みたいなのは作り損ねではありません

チャールミナールは足の部分の前後左右に空間があって、その先全部に上の写真見たいな門あります。

 

ほんで、したうるさいなぁと思ったら

f:id:anita-norip:20171125004732j:plain

デモやってました。警察官らしいです。

 

見てても特に何も起きなかったので降りて近くの屋台で飯食って次行きました。

強いていうならパトカー素通りしてったくらい。

 

と、いうことでチャールミナールはサクッと終了。

 

ほんで、下に降りたら、カナダ人観光客のグループがいました。

この時インド来て初めてインド人以外を見たので嬉しすぎて即話しかけて

ひっっっさし振りに英語圏の人の英語聞いたんですけど

死ぬほ〜〜〜〜ど聞き取りやすかったです。

 

で、何が問題って

僕今、日常会話ならそれなりにインド人とできるようになって来てたんで

英語ならある程度行ける!!と思ってカナダ人に話してたら

f:id:anita-norip:20171125005627p:plain

こんな感じでした。

俺の英語が通じない。

ってか絶対インド英語になってる。

 

やばインディア

 

うぅ〜うぅ〜うぅ〜

ネクストコナンズヒーント

チャイ

 

 

と、いうことで読んでいただきダンニャワード

では、また。

 

※このブログ、時系列順じゃないんです。すみません。

ステーキ食った時のヨーロッパ人はこの1週間後です。