/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

のりぴーのたのしいインド旅行記

ハイデラバードのことなら俺に任せてくれ!!!その他は世界一くだんない僕のインド旅行記です。

ハイデラバードの超オススメ、静かで落ち着くチョウマハラ宮殿に行ってきた。


スポンサーリンク

みなさんナマステ!のりぴーです。

 

『インド都市部で静かで空気綺麗で静かで落ち着くとこ行きてえ!!!』って思うあなたに超朗報です。

 

その名もチョウマハラ宮殿、2ヶ月ぶりに心と耳が休まりました。

 

インドはまぁどこ行ってもうるさいんですよ。

 

永遠に鳴り響くクラクション

なぜかイヤホンつけないで大音量で見てるYoutube

信じられない大音量で垂れ流されてるテレビ

 

俺って異様に聴力凄いのかな?って思うレベルです。

 

で、そんな中、チャールミナールついでに言ったチョウマハラ宮殿が静かで落ち着く素晴らしいスポットだったので紹介します。

 

 

広くて美しくて静かなチョウマハラ宮殿

チョウマハラ宮殿の場所はこちら

 

地図をみてわかる通り、ザ・インドのモスクですね。

 

そして、こちらが入り口

f:id:anita-norip:20171202001522j:plain

今更だけど宮殿って一体なんだ??

 

って思ったんで、宮殿とは。

宮殿(きゅうでん)は、王族、皇族などの君主およびその一族が居住する、もしくは居住していた御殿。君主が政務や外国使節の謁見、国家的な儀式などを行う朝廷部分と、君主が私的な生活を行う宮廷(きゅうてい)部分に分かれる。 

簡単にまとめると

朝廷=国家の儀式を行う所

宮殿=王様一家が生活する所ですね。

 

ほんで入場。

入場料金はインド特有、外国人に謎の傾斜がある料金体系

インド人50ルピー(90円)

外国人200ルピー(360円)

 

こんとき、チケット売り場で僕の前に台湾人女性2人いたんですが

受付のインド人に何度別だよって説明しても通じず、チケットは3人で一枚発行されました。

それで結局その台湾人のお母さん2人と仲良くなって一緒に行動することになったんですが、台湾人のお母さん2人、本当に優しかった・・・

台湾旅行行きたい。。。笑

 

インド感溢れるチョウマハラ宮殿の水辺

で、中に入ると・・・

f:id:anita-norip:20171202003429j:plain

はいめちゃくちゃ綺麗!!!!

このタージマハル感。

インドをインドで例えるっていうボキャ貧極まりない例えですが噴水のある池みたいなのに門が写って超それっぽい。

 

少し首を振ってみると
f:id:anita-norip:20171202001501j:plain

金持ちの王女様あるってそう。

 

そしてこんな感じ。

f:id:anita-norip:20171202001439j:plain

いや、ハイデラバードにもあったんですねこんな綺麗な所。

 

さらに、この辺りめちゃくちゃ静かです。

 

と、思ったら黄色い声、なんだろと思ってみると

f:id:anita-norip:20171202001450j:plain

可愛い子供達が手振ったりしてました笑

インドの子達マジで可愛い。。。

 

で、中はインドあるあるの博物館でした。

f:id:anita-norip:20171202001941j:plain

こんなインド感の強いミニチュアや

 

f:id:anita-norip:20171202001920j:plain

シャンデリア。

シャンデリアってどんな仕組みで光ってんだろ。とかそんなこと考えてました。

 

博物館自体が細長くてデカくて繋がってなかったので、ここからは外に出たり中に入ったりしながら観光してました。

 

で、

f:id:anita-norip:20171202002215j:plain

大昔の車。

 

そんで

f:id:anita-norip:20171202001855j:plain

色白のマッチョ。インドア派ですね。 

 

他には

f:id:anita-norip:20171202001933j:plain

偉い人の肖像画。誰か分からない。

 

チョウマハラ宮殿で顔入れ替えて遊んでの僕だけじゃないでしょうか。

 

てか、今更気づいたんですけど

博物館にさっぱり興味無い。

 

無茶苦茶にデカイ建物とか、手の込んだものは凄いなって思うんですが

剣とか絨毯とかツボとかさっぱりわかりません。日本史、世界史が異様に苦手だったのも納得。その点、自然、動物に異様に興味を示します。餌を与えないでください。

 

次また外に出てると、修学旅行生みたいな団体がいました。

僕と台湾人のお母さん2人が凄い珍しかった&インド人特有の写真大好きさで一緒に写真を取ることに。

 

f:id:anita-norip:20171204004550j:plain

また身内ネタの岩手ポーズを教えましたが難しい模様。

ただ、みんなノリノリで超楽しかった笑

日本人がインドの田舎の方行くとマジでモテモテですよ笑

 

 

ほんで、そのあとはフラッとして帰りました。

 

インドの写真をばあちゃんに見せた

僕、家族のグループラインにたまにインドの写真送ってます。

 

んで、今回の博物館の写真も送ったんですが、後日妹から、上の写真をばあちゃんに見せたと連絡来ました。

f:id:anita-norip:20171204004600p:plain

ばあちゃんは、ノリノリすぎるインド人少女を僕と間違えた模様。

写真が小さいから見辛いんでしょう。

個人的にこの女の子の、少しも恥ずかしがらずにめっちゃふざけますよ感大好き笑

 

で、まあ上のやつは違うのでもう一度質問。

f:id:anita-norip:20171204004606p:plain

2回目に聞いたらばあちゃんは一際黒い少年をセレクト。

インド行ってまた色黒くなったなぁと思った。とのこと。

 

結局、僕はその隣の比較的白めなやつだよ。と正解を教えたらしいんですが、それに対しての回答が

 

これか!この薄いの!!

 

・・・・

 

 

ごめん、ばあちゃん!!俺、もっと黒くなるわ!!!

 

てかばあちゃん、自分の孫どんだけ黒いと思ってんだ笑

 

僕、生まれてこのかた ずーーーーーーっとばあちゃんと家が隣で、超ばあちゃんっ子なんですけどね!!!笑

 

超おまけ

写真のやりとりの数日後ばあちゃんとテレビ電話したんですけど、

『おぉ〜電話できて嬉しい〜、インド楽しいか〜??』

もう久しぶりだったんで泣きそうになりました。

で、目赤くしながら笑顔作って、『おぉ!楽しいよ!!』って言ったらそのあとに、

 

『インドで芋作ってんのか??パンパンに詰めて日本戻ってこいよ〜!!』

 

いやなんでだよ笑

芋は珍しくもないし、日本でも安いし、ってかうちの前でも作ってるし笑

 

と、言うことで今回はシリアスな話でしたね。

読んでいただきダンニャワード!ではまた。